「あぁっ、は、入ってる……んんんっ!」

「くっ! あ、相変わらず、鞠絵さんの中……気持ちいいですよ。くちゅくちゅって絡みついてきて……すごくエッチで、気持ちが良いです」

「や、やだ……そんなこと……んはぁぁぁぁっ!」

先端が奥をコツンと叩くと、鞠絵さんは身体をくねらせるようにして快楽に身悶える。
その様子がまるで淫らな踊りを踊っているようで、俺の興奮をますます煽った。

「んんんっ、あぁっ! ひゃぁぁぁあっ!」
「はふっ! はっ! あ、あっ! あぐぅっ! あ、やだっ……ま、前の時よりも……んんんっ!」

じゅぶじゅぶと、卑猥な音がどんどんあふれ出てくる。 見れば結合部分は大量に濡れそぼって、愛液でべちゃべちゃになっていた。 腰を動かし、モノが中を掻き混ぜていく度に愛液が掻き出されて、ぼたぼたと地面に落ちていく。

「や、やだっ! はっ! あ、あぁぁっ! な、なんで……んんんっ! んんっ!」

モノを押し込んでいくたびに、びくんびくんと鞠絵さんの下半身が大きく脈打って震えた。 その震えの大きさに、鞠絵さんの快感の度合いが強いことが分かる。

「なんで……気持ち良いの!あ、だめ、私気持ち良すぎて……あ、頭が真っ白にぃっ!」

鞠絵さんの肌に、玉のような汗が浮いていた。 その汗がつうっと肌を滑って行く。

「はぁっ! あ、ひゃぁぁぁぁぁっ!」

「き、きつい……っ!」

俺以外の男に貫かれたことのない秘処が、きゅうぅぅっと強くしがみついてきた。 途端に目がチカチカするほどの快感が身体を貫いて、俺は思わず意識を失いそうになる。

「くぅっ!」

けれども気合いで奥歯を噛みしめながら何とか意識を保つと、更に強く、腰を叩きつけていく。

「あぐぅっ! お、奥にっ――は、激しいですぅっ!」

パンパンっ、と腰同士が打ち合う音が聞こえてくる。
――駄目だ、もう、イキそうだ。

「ハッ! あっ! ふあぁぁっ! だ、だめぇ……わ、わたし……もう、だめぇぇぇぇっ!」




当サイトはInternet Explorer 6.0以降、画面解像度1024×768、文字サイズ「中」で動作確認済みです。
上記以外の環境で観覧されるとレイアウトが崩れる恐れがあります。
当サイト内の画像データなどの無断転載、無断複製等を禁止しています。
Copyright c 2006 softhouse-seal. ALL Rights Reserved.