「あ、ふぅっ! はぁ……」

さざ波のような小刻みに震える身体。
その身体を撫でているだけで興奮してきて、俺は久美子ちゃんの首筋に舌を這わせた。

「ひゃぁぁぁぁっ?!」

びくりと、大きく久美子ちゃんの身体が跳ねる。
舌から伝わる甘い感触に、俺はうっとりと目を細めた。

「はぁ……はぁ……す、凄いです……前の時より、ずっと凄いです」

「どう凄いの?」

「え、えっと……その……身体の奥がじんじんしてきて……久美、自分でも分かるくらい凄くエッチな気分になってます」

熱く吐き出される吐息が、見た目の相反して異様に興奮を誘う。
こんな小さな(歳は俺よりも上だけど)女の子がこんなエッチな顔をしてるなんて……
だ、駄目だ、本格的にそっちに目覚めてしまいそうだ。

「はぁ……はぁ……ぁぁぁ……」

肌の上に指を滑らせていく度に、久美子ちゃんは悩ましげな吐息を吐き出していた。
そして、俺の指はついに久美子ちゃんの一番大切な場所に触れる。

「……あ」

けれども、予想以上に落ち着いた様子で、久美子ちゃんは俺の指に反応した。

「い……良いですよ、康浩お兄ちゃん」

「え?」

「そ、そこ……久美、本当はさっきから触って欲しくて……んんんっ、触って欲しかったんですぅ」

確かに、そこはしとどに濡れていた。
でもまさか久美子ちゃんからそんな風にお願いされるとは思っていなかったな。

「うん……それじゃあ、俺も我慢できないから、入れるね」

「は、はい……」

久美子ちゃんが小さく頷くのを見て、俺は、自分のモノをあてがった。
ちゅく、という湿った音が鼓膜をくすぐる。
同時に吸い付いてくるかのように秘処の蠢きに、俺は我慢できず、そのまま腰を押し込んだ。




当サイトはInternet Explorer 6.0以降、画面解像度1024×768、文字サイズ「中」で動作確認済みです。
上記以外の環境で観覧されるとレイアウトが崩れる恐れがあります。
当サイト内の画像データなどの無断転載、無断複製等を禁止しています。
Copyright c 2006 softhouse-seal. ALL Rights Reserved.