……躊躇無く、口に咥え込んだ。

「く、くくく、くるみ!?」

「ふぁっ……ひょ、ん、むっ……ちょっと、いきなり暴れんじゃないわよ、何?」

「いや、だってお前!? そんな口なんて……いやそりゃもうちょっと普通にとは言ったけど」

……こういう意味じゃ無かった、というか。

「……動揺し過ぎ、ちょっと気が向いただけよ……見た感じ朝シャワー浴びてるっぽいし、そんな汚くないかなーって……んっ」

「ん、んむっ、ちゅ……ん、ちゅ、ぷ……は、ん、んふ……ん、ちゅぅ……ぷ、んぅ……」

「ちゅ、ちゅ、ぶ……ず、ぢゅぶっ、む、ふぁ……ちゅ、ちゅ、ぢゅっ、ぷ……ん、ちゅ……」

……くるみの舌が、たどたどしく肉棒を這い回る。
そのぬめりとした感触と口内の暖かさに、性感が背筋を昇っていく。
新鮮な感触が、思った以上に心地よい。

「む、ふ……んく、ん、ぅっ、う……んう、う、うっ……れ、ろ、ちゅ……れちゅ、ぷ、ふぅ……ん、む、ぁ……」

「ぷぅっ……アンタって舐める時より踏んだ時の方が固いのね?」

「なっ!? な、何を根拠にそんな事を!」

「根拠も何も踏んでりゃ分かるわよ、ホント、なんてーかかんてーか……いい趣味してるわ、アンタって」

言葉と共に溜息をペニスへ吐きかけながら、ゆったりとしたフェラチオを再開する。

「ん、んぷっ、ぅ、う……ん、ん、ぢゅっ……ちゅ、ぷ、ちゅ、ぢゅ……ん、ふぁ……う、むうぅ……」

熱心に舌を動かしながら、俺への奉仕を続けるくるみ。
その、見慣れない……いや、初めて見る姿も、快感の高まりを後押しした。

「んっ、ちゅぷ、ちゅ……ん、んむっ、う、んむぅ……んぷ、ん、んっ……ちゅ、ぢゅる、ぅ、んぅ……」

「ぷ、ぁっ……ふふ、さっきから震えっぱなし、コッチはコッチで気に入ったんだ?」

「あ、あぁ……くるみ、そろそろ俺、イきそうで……」

「ん……いいわよ、このまま射精しても……精液ってどんな味なのか、興味あるわ……」

そう言って、再び奉仕を再開する。
口いっぱいにペニスを頬張り、口内で舌を舐め回す。

「ちゅ、む……ぢゅ、ぷっ、ちゅ、ぢゅぷっ、ん、んっ……ぢゅ、ずずっ……ぷ、むぅ……っ」

「……っ!!」

「んぷ、む、うっ……ん、ぢゅっ、ぷ、む、んふっ、う……れ、れちゅっ、れろぅ……ん、は、うぅ……」
「ん、んっ、ん、んっ……んぅ、う……ふふっ……ちゅ、ぷ、ん……ちゅ、れぷ、れ……んれるっ」




◆当サイトはInternet Explorer 6.0以降、画面解像度1024×768、文字サイズ「中」で動作確認済みです。◆
◆上記以外の環境で観覧されるとレイアウトが崩れる恐れがあります。◆
◆当サイト内の画像データなどの無断転載、無断複製等を禁止しています。◆
◆Copyright c 2006 softhouse-seal. ALL Rights Reserved.◆