「ひゃあぁっ!? ま、まっ、てぇっ! み、なみっ、イっ……ひゃううぅっ!」
「うあ、あっ……ひゃ、めえぇっ! ひ、っはっ……イ、った、ばかりっ……んにゅうぅっ!!」


「やっぱり、挿入れただけでイってたんだな……?」

「ひゃ、うあああっ! ら、らっ、へえっ! い、きなりっ、奥、ぜんぶっ、挿入れ……ひゃあぁっ!」

「や、めえぇっ! け、ちゃっ、は、げしっ……イっちゃうぅっ、イ、あっ……うああぁっ!!」

細かな痙攣を繰り返しながら、蕩けた表情を浮かべるみなみ。
何度も軽い絶頂を覚えているであろう事が、膣内の締め付けから伝わってくる。

「んんうぅっ! う、あああうっ……んああっ! ひゃ、ぅあっ……ひああぁっ!!」
「ひああぁっ! あ、うあっ、あ、あっ、あ、あっ……ひ、ふあっ、はううぅっ!!」
「んぁっ! あ、ひあっ、あ……ひゃああ! あっ、うああああ!!」

声にならない嬌声を漏らしながら、何度も身体を震わせる。
反らしたままの背が、表情が、続けざまの絶頂を教えてくれる。
が、繰り返す痙攣を味わう内に、俺自身の限界もすぐ目の前まで近付いた。

「っ……射精すぞっ、みなみ!」

「ふえ、えっ……ひゃ、ひへっ! み、なみっ……なかぁっ、だ、してぇえっ!」
「いっぱ、ひっ、いっぱ、あ、あっ! ひあっ……イ、くぅっ、いっぱひ、イっちゃうぅっ!!」
「ひあ、あっ……イくうううううぅっ!!」




◆当サイトはInternet Explorer 6.0以降、画面解像度1024×768、文字サイズ「中」で動作確認済みです。◆
◆上記以外の環境で観覧されるとレイアウトが崩れる恐れがあります。◆
◆当サイト内の画像データなどの無断転載、無断複製等を禁止しています。◆
◆Copyright c 2006 softhouse-seal. ALL Rights Reserved.◆