「えっ……い、いい……そんなこと、されたら、こ、壊れ……あんっ! あああ……」

花蓮の尻肉を持ち上げて、露になる肉棒。
それから、一気に根元まで這わせてやる。
さすがに強い刺激に、俺もまた心地よい快感を覚えて、何度かそれを試みる。

「あ、うっ……だ、だめっ……は、激しい、ん、あ、ああ……あんん」
「わ、渉……だ、だめ……それ以上は、や、やめ、んんっ……あ、んんっ……」

喘ぎ声の中から懇願する花蓮に、我を抑えるけど、自然と腰が動いてとまらない。

「あ、ああ……そんな……だ、だめっ……あ、んん」
「そんなこといって、花蓮も、動いてるじゃないか……」
「そんなこと、な、ないわよ……な、何かの間違い……ん……あんっ! あ、んん」

俺の打ちつける速度にあわせて、
彼女もまた上からいやらしく腰を打ち付けてきた。
互いにリズムのあった動きに、快楽の渦が深く強くなっていっていた。

「な、なんで……わ、私……あ、で、でも……
わ、私も、動いて……あん、んっ、んん」
「こっちはかなり濡らしてるし、いつもより感じてますよね?」
「し、知るか。こ、こんなの、あ、アタシ……あん、ちょ、ちょっと、わ、渉……?」
「俺、一回だけ、先輩のここ、舐めてみたかったんです」
「ば、ばかっ! き、汚いからや、やめろ……
そ、そんなのいいから──あんっ! ああ」

亮先輩の言葉を無視して、俺は体勢を変えて秘所に自分の舌を這わせにいった。

「はんん──そ、そんなの、し、しなくても、いい……から、は、離れろぉ……」
「でも、悪くないですよ……柔らかくて、舐めてて楽しいです……」
「そんなの、い、言わなくていいから、はあ、あ──
あん、だ、だめ、中に、入って、あああ……」
「じゅるる……ずずっ、すごい……
本当にエッチな汁が、溢れてきます……ずず……」

それを掻き分けながら、秘所の中に舌をもぐりこませる。
それに、先輩は激しく背を反らした。

「ああ、こ、こんな──す、すごい、あんっ、
  ああ──だ、だめ……お、おかしくなる……」
「はあ、はあ……も、もういいから、い、入れて」
乳房に触れる手つきは、淡いピンク色のした突起物を
  しつこくこね回して、自ら快感を促していた。
怪しげに腰をくねらせて、甘美な声を漏らす鎌倉は、
  年下とは思えないほどの色香を漂わせている。
まるで俺を誘惑しているかのような彼女の自慰行為に、
  理性を保つのがやっとでもあった。

「──んっ、ん……あ、先輩、もっと、お願いします……
  亮、先輩……奥に、あん、んん……あんっ!」
「はあ、はあ……んっ……こ、こんなに、
  わ、ワタクシ……ああ、だめっ、止まらない……」

一段と身体を震わせて我に戻った鎌倉も、
  敏感な部位を愛撫する指先は止まることはなかった。
少し乱暴に乳房を揉みしだき、秘肉を感じる指先は
  同時に露出している陰核を責めていた。

「あ、んっ……こ、こんなに濡らして……ん、ああ……
  わ、ワタクシが、こんなえ、エッチなこと──いけないのに……」
「う、んんっ……で、でも、もう止まらないよぉ……
  あ、あ、んんっ……先輩……あ、ああ……」

花蓮と同じく、鎌倉もお偉いさんの娘なのだが、
  この様を見せられては説得力はない。

「あ、んんっ……は、早くしないと、授業にお、遅れちゃう、あ、あ、あ……」
「あ、ありがとう──ふふっ、だ、だったら、
ちょっと、が、頑張っちゃおうかしら……」

言いながら、かなえ先生は俺の動きにあわせて腰を打ち付けてくる。
タイミングよくあわさるそれは、根元まで吸い込まれて
彼女の子宮口を強く叩いていた。

「あ、ああ……い、いい……も、もっと、
う、動いて……せ、先生も、が、頑張るから……」
「え、ええ……くぅ……」

先生の動きは強烈で、ものすごい勢いで肉棒を根元まで咥え込んでいく。
積極的に、今まで溜めてきたもの全てを、
この場でさらけ出そうとして、それは俺にとっては嬉しかった。

「あんっ、んっ、い、いい、奥に、ゴリゴリって、
あ、当たって……気持ちいいの、あ、あ、んん」
「──ん、せ、先生……くぅ」
「だ、大丈夫だから、もっと、は、激しくして、
か、構わないわよ、あん、い、いいっ……ああ」

いろいろと体位を変えて、自分から性感帯を探り、
そこを重点的に攻めさせられていた。
たゆむ乳房が目に入るけど、今だけは
  この快感だけを求めて、俺も必死になって先生に答える。
「い、いいから、早くしなさいよっ! わ、私が恥ずかしいでしょう……」

自分で言っておいて……と、心の中で苦笑する俺。
そんな花蓮がとても可愛く愛おしく感じる。
そんな彼女に笑みがこぼれるのを抑えて、
俺は花芯を責めながら抽送を繰り返す。
結合部からは、激しくぶつかる音と、
クチュクチュとした淫らな音までもが部屋を満たしていく。

「……わ、渉……い、いいよ……
ん、あ、あっ。あ、そ、そんなに、しないで……やああぁ……」

指で充血した花芯を責めてやるたび、
ヒクヒクと秘壺が反応して、肉棒に絡み付いてくる。
それと同時に花蓮は激しい快感に押し寄せられて、
すでに何度か達しているようであった。

「わ、渉……う、ん、んん──あ、あ、わ、私、ま、また……あ、んんん」
「ああ、何度でもイけ、許す」
「……い、いや……わ、渉は、まだ……?
一緒に……あ、ああ、あん、あ、あああ……」
「うぅ……こ、こんな間近に見たのは、
 は、初めてだ……こ、こんなに大きいんだ……」
「俺も、そんなにまじまじと見られるのは初めてですよ
  ……早くお願いします、先輩」
「は、恥ずかしいな……ほ、本当にしないとだめか……?」
「先輩のためなんですから、ささっ、早くしてくださいよ……」

眉を細めて肉棒を見つめる先輩。
  初めての口唇奉仕なのだから、嫌悪するのも当然かもしれない。

「だったらまず、手でお願いします」
「あ、ああ……こ、こんな感じでいいのか?」

柔らかい手つきが陰茎を優しく這っていく。
ただそれだけの刺激に、俺は小さく声を上げていた。

「さ、最初は慣れてから、口でお願いします……」
「こ、これを咥えるなんて……どうして、私が……
  わっ、なに? すごい脈打ってるけど、だ、大丈夫なのか?」
「先輩の手が気持ちよくて、反応しちゃうんです。
  もっと、強く握ってもいいですよ」
「あ、ああ……ん、は、速く……あんっ!」

異物が侵入しているものを感じてか、
  大きく甲高い声を上げる鎌倉。
俺もまた、心地よい締め付けに声をあげそうになるけど、
  堪えながら押し進んでいく。

「あ、ああ──ん、ま、まだ、入るの……あん、んん」
「ん、んん、はあ……は、入ったぞ」

キュッキュッと生き物のように、肉棒に絡み付いている
  肉の襞は、なおも粘液を分泌していた。

「はあ、い、言われなくても、わ、分かるわよ……
  あ、んん、ま、前より、お、大きい……あ」
「まだ痛むのか?」
「あ、ううん……だ、大丈夫、
  き、気にしないでいいから、う、動いて、いいわよ」
「なら、ゆっくり動くからな。なんかあったら言えよ」
「わ、分かったから……は、速く……あ、んん、はあ、あ」

引き抜くそれだけの動きだけで、
  鐘倉は過敏な反応に、背を逸らして声を荒げる。

「あ、んん──はあ、あ、なんで……
  ま、前と、ぜ、全然違う……こ、こんなの……なんて」
「んっ、ん、む、んん──はあ、
  や、優しく、してよ……ん、ちゅ、ずずず、んん」
「分かってるから……」

家に入るや俺たちは、
  風呂にも入らずお互いを求めて体を重ねた。
お互いの秘所を愛撫しながら、
  そして愛撫される相手の手を感じながら。

「じゅ、むふ……ん、んっく、ん──
  ずず、ぢゅ、んん、ずず……ちゅずずず……」
「ん、んん──せ、先生、は、激しすぎだって……
  そんなにされたらすぐに出ちゃいますよ……」
「だ、だって……せ、先生もは、恥ずかしくて……
  こうするしか、ん、んんっ……」

俺の上にまたがって、肉棒を咥える先生の表情は、
  普段以上に頬を赤くしていて、
  それが前に抱いたときよりも官能的であった。

「んぢゅ、ん──は、むっ、んん……な、なぜか、
  花蓮ちゃんがいる時よりも、は、恥ずかしいわね……」
「でも、悪くないですよ。先生も、そう思いませんか?」
「え、ええ……ん、そうかもね……
  は、ああ、ん──ああ、んんっ……渉くん……あ、ああ──ん」



◆当サイトはInternet Explorer 6.0以降、画面解像度1024×768、文字サイズ「中」で動作確認済みです。◆
◆上記以外の環境で観覧されるとレイアウトが崩れる恐れがあります。◆
◆当サイト内の画像データなどの無断転載、無断複製等を禁止しています。◆
◆Copyright c 2006 softhouse-seal. ALL Rights Reserved.◆