PRODUCT




  
 ぜったい征服☆学園結社パニャニャンダー!!
 ─ドピュっと遂行、色欲怪人イタズラ実習エロ作戦!─


悪が栄えた試しはないという言葉があるが、
20XX年、悪はおおいに栄えていた。

正義がいる所、悪がいる。
その2つは水と油のように反発しあい、
相手憎しと躍起になって力を付けようとした。
正義の企業と悪の企業は互いにしのぎを削ってよい物を作り、
正義のコンビニと悪のコンビニは価格競争をして
お客様にお安く商品を提供していった。

その結果、悪は世の中の進展に欠かせない存在として世間に認知され、
悪の組織は立派な就職先とまで言われる様になった。

今の世界には、悪の企業、悪の学校、悪のコンビニ、悪のテレビ局など、
悪の組織が町に当たり前のように存在するようになっている。

そんな中、世間を騒がせる伝説の大悪人がいた。
実は妖怪で何万年も生きているらしい。
あのムー大陸を沈めたのもその大悪人らしい。
長い眠りから覚めた獰猛な恐竜を素手で倒したらしい。
そのような数々の伝説がまことしやかに広まっていた。

悪の報道番組でその存在を知った主人公・赤星 識は
自分も将来は”あの人”のようになりたいと、悪への憧れを強めていった。

しかし、悪の戦闘員の両親から生まれ、
悪の道を進もうとする彼には大きな欠点があった。

それは──どうしようもないくらいの善人だと言うことだった。

可哀想で子犬に眉毛も描けない、
車の来ない横断歩道でも青信号以外は渡れない。
些細な悪事でも、一度も成功した事はなかった……。

そんな生活を送っていたある日、尊敬する”あの人”が悪の組織員育成学園の
学園長になったと風の噂で知る。識は今までの自分のダメさ加減を払拭しようと
”あの人”の元で教えを乞うべく、すぐに転入手続きを取り、
邪(イビル)パニャニャンダー悪業学園に転入をしたのであった。





  
 天精国取りセックス合戦!!


ある町に「前世の記憶の一部を持って生まれた子供」が
多数存在するというニュースが広まった。
前世で叶える事が出来なかった野望、信念、想いなども強く残っており、
その為、彼らは「リベンジ・チルドレン」と呼ばれた。
大きな話題となったがその存在を疑う者も多く、結局リベンジ・チルドレン達は
「町ぐるみの作り話」とされ、いつしか人々の記憶から消えていった。

それから十数年後……

突如、織田信長のリベンジ・チルドレンと名乗る「央真 観月」が、天下統一を宣言。
日本をその手中に収めた。

日々強くなる異常性欲に悩む主人公「皇 拓馬」は、
ひょんな事から騒動に巻き込まれ、結果的に観月を押し倒し、アレをナニしてしまう。
挙句の果てには軍旗を奪い逃走。観月に深い敗北の傷痕を残した。

誇りを傷付けられ、拓馬への復讐に燃える観月は、
拓馬の得意分野であるセックスでの勝負によって白黒つけようと、
他のリベンジ・チルドレンを巻き込み、誇りと日本をかけてのセックス合戦を開戦する。

愛液で精液を洗う淫乱の世が始まるのであった。





  
 ももいろ性癖開放宣言!


世界でもエロエロアダルト大国になった日本。
今やセックスは日本人にとって、一大文化となり、
学園の授業にもセックスの授業を積極的に取り入れることになった。

座学から実技に至るまで、あらゆる性の知識を教え、
一人前のセクサーになるまで……

ここは私立聖教女学院。
この地に一人の男が降り立つところから物語が始まる。

性に関して問題児扱いとされている生徒達を集めたクラス……
通称「ファジーローズカラーズ」

彼女たちに立派な性の知識を授けるためにやってきた、主人公。
主人公はヒロイン達の性の講師となって、
様々なHのシチュエーションで授業を教える事になる。
学内、時には学外で、愛撫からマニアックなセックスまで、
実技をもって、彼女達に正しい(?)性の知識をその身に宿させるまで……
主人公とヒロイン達は日夜、セックスに励む!






  
 ぜったい遵守☆子作り許可証 ぱらだいす!!
〜嗚呼、素晴らしき孕ま世界〜


時は西暦21XX年……未だに人類は滅亡の危機に瀕していた!!
人類の出産率の低下に伴い少子化が更に進み、
特に男児の出生率が減る一方になった。
現在は人類の男女比は1:107210となり、さらに女尊男卑の社会になっていた。

この事態に危機を感じた各国の首脳達は少子化対策のため、
『SEX新法』、『自由性行為許可証』の徹底化を図ったが、
人類滅亡の危機の歯止めにはならなかった……
政府は、男の方にも強制力が働いている為、中出ししないといけないと言う、
男の方にもストレスがあると考え、さらに『オーラル許可証』、いわゆる、
精液の『無駄うち許可証』を発足した。
この新たな許可証が吉と出るか凶と出るか、
今は誰も知る由もなかった……





  
 ぜったい最胸☆おっぱい戦争!!  〜巨乳王国vs貧乳王国〜


 おっぱい。それは奇跡の膨らみ。
 ちっぱい。それは無限の可能性への希望。

 ここは「バスチェスト大陸」。
 巨乳族の姫、エストレアが治める「パイクォーツ王国」と、
 貧乳族の女王、ティアラ治める「サーペッタン王国」の、
 二つの王国が存在している。

 しかし、この二つの王国間に、
 おっぱいの大きさに対しての確執が生まれ、
 どちらが優れたおっぱいか、乳で乳を洗う戦争が始まってしまった。

 そこで俺、ハルト様の登場だ。
 俺はこう思う……
 おっぱいに上も下も無い! 横に平等に並んでこそのおっぱいだ! と。

 乳神が言うには、俺には奇跡を生む力『おっぱいエナジー』を
 溜め込む巨大な器としての才能があるらしい。

 成り行き上、大陸を救う救世主の役目を背負ってしまった俺は、
 “俺様専用おっぱい”となった巨乳族の巫女、ミルファと旅立つ。

 まぁ、うだうだ考えていてもしょうがない、
 俺のおっぱいへの愛の力さえあればなんとかなるだろう!





  
 ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!! 〜無人島犯し合いバトル〜


 女性の身体的、精神的能力の向上により女尊男卑の世界になってしまい、
 男は女性から逃げるように現実世界から二次元に逃避してしまった現代……
 主人公・綿貫悠馬はドSな母親とドMな父親を持つが、
 本人は至ってごくごく普通の学生。


 ある日突然、7人の女生徒と共に無人島に連れられ、『セックスロワイヤル』に
 参加させられてしまう。


 『セックスロワイヤル』とは、男性陣と女性陣の2つのチームを分かれ、
 お互いに相手チームを犯しポイントを得、そのポイントの総合計を
 競い合うゲームだった……


 突然の出来事に戸惑いを隠せぬまま、無人島を舞台に悠馬と
 7人の女生徒との前代未聞の犯し合いバトルが幕を開けるのだった……





  
 ぜったい絶頂☆性器の大発明!! ─処女を狙う学園道具多発エロ─


 な、何故だ……何故あんな凡夫が……くそっ!俺が腹を立てている理由……
 それは、俺が所属している科学部が参加した、
 全国発明甲子園での屈辱的な結果にあった。
 『小さなロボットとそれを巨大化させるライト』という大発明をした俺が失格で、
 『走る時に受ける風を利用して発電する、半永久的に走り続けられるラジコンカー』
 なんてくだらない発明品が優勝するとは、納得いかん!!
 昔からそうだ……どんなに素晴らしい発明品を作ったとしても、
 世間に受け入れられず、屈辱に耐えていたあの日々……
 それがまた繰り返されるなんて!
 この天才を馬鹿にした世間へ報復しつつ、
 最終的には俺の足元にひざまずかせる、そんな良い方法はないものか……
 むっ、そうか!! ふふ、ふふふふ、ふははははは!!
 俺は発明家だ……無ければ作ってしまえば良いだけの事!
 凡人が幅をきかせ天才が虐げられるような部活に用はない!
 天才である俺が作った発明品を使って学園を裏から支配する秘密組織……
 その名も『第二科学部』を作ってやる!
 この学園を恐怖に陥れ、いずれは俺の足元に平伏させてやるぞ!

 そうなれば、男の夢!! 学園ハーレム化だって夢じゃない!
 よし、こうしてはいられない、今すぐ準備に取り掛かるぞ!!





  
 ぜったい遵守☆強制子作り許可証!!


 時は西暦20XX年――人類は滅亡の危機に瀕していた・・・・・・。
 人類の出産率の低下に伴い少子化が進み、
 特に男児の出産数が減った事が主な原因である。
 現在では人類の男女比は1:10721となり、
 男尊女卑ではなく女尊男卑となった・・・・・・。
 
 この事態に危機を感じた各国の首脳達は
 少子化対策のため、『SEX新法』、『自由性行為許可証』を施行した。
 この許可証は数少ない男性に持たせる事によって、
 女性に提示すれば、いつでもその相手とSEXできると言う、
 全世界の女性を敵に回す代物だった。
 大多数の反対意見を押し切り、半ば強制的に施行した政策だったが、
 首脳達の政策もむなしく、男性の出生率の増加も無く、むなしく終わった。
 そこで、政府は新たな許可証を作り、男性の精液の無駄射ち等を徹底管理し、
 男性の出生率の増加の徹底化を目論んだ。